【6/3までの限定品】EVERYTHING IS ROSYをたくさん盛ったミニカード♪

6/3までの限定品、ミニコレクションの「EVERYTHING IS ROSY」にセットされている製品をたくさん盛ってミニカードを作りました。
今日は、このキットに入っている材料をたっぷりと使ったカードの作り方をご紹介しま~す。

このミニコレクションは、スタンプ・ダイをはじめコーディネートペーパーやエンベリ類、ボトルインクまでセットになった上級者さん向けのキットです。
従来のキットと異なり、スタンピンアップから決まったデザインが出ていないのが大きな特長なの。
キットを手にしたひと自身が、自分の好きなデザインを考えて楽しめるってことですね。
「EVERYTHING IS ROSY」販売概要はこちら

開封レポでも書いたように、わくわくしちゃうステキなスタンプ・ダイの他
コーディネートアイテムが山盛り入っています。
「EVERYTHING IS ROSY」開封レポはこちら

これだけいろいろ入っているとたくさん盛ってみたくなっちゃう♪ってことで
小さな台紙にたくさん盛り込んだミニカードを作りましたよ。
完成したのはこんなの

EVERYTHING IS ROSYをたくさん盛ったミニカード

EVERYTHING IS ROSYをたくさん盛ったミニカード(横:エブリシング・イズ・ロージー)

EVERYTHING IS ROSYをたくさん盛ったミニカード(縦:エブリシング・イズ・ロージー)

大きく分けてピンク系のペーパー、ブルー系のペーパーがあるので2色それぞれで作りました。
どっちの色で作ってもかわいいの~。

ピンク系

EVERYTHING IS ROSYをたくさん盛ったミニカード(ピンク系:エブリシング・イズ・ロージー)

鮮やかなピンクの「メロンマンボ」がコーディネートカラーなので、センチメントを素直にその色で。
お花の中のパーツは同じメロンマンボのインクをスタンプ・オフして使っています。
すべてのインクを「メロンマンボ」にしてしまうとクドいので、ちょっと淡目の「パウダーピンク」お花に使っています。

ブルー系

EVERYTHING IS ROSYをたくさん盛ったミニカード(ブルー系:エブリシング・イズ・ロージー)

ブルー系は「ナイトオブネイビー」がコーディネートカラーです。
ピンク系と同じく、センチメントとお花の中の色をこれで。
淡いブルーはグリーンがかった「プールパーティ」を選んでいます。

作品アップ

ピンク系をアップにするとこんな感じです。
EVERYTHING IS ROSYをたくさん盛ったミニカード(アップ:エブリシング・イズ・ロージー)

ピンク系・ブルー系の2色、共通で使ったものも書いておきますね。
今回はDSPがホイル使いで、その他にホイルペーパーがセットになっていいます。この色は「ローズゴールド」なので、赤味が強めの色なの。
ローズゴールドから輝きを無くしたイメージで、茶系の「ソフトスウェード」をカード台紙に選んでいます。
葉っぱは「ソフトスウェード」より淡い「サハラサンド」を使いました。
お花の中の点々は、赤味の強い「コッパー」のパウダーででヒートエンボスしています。

DSPは初夏の季節のわりに、今回はハッキリした色が多いのね。
なので、少しソフトな印象にしたいなと思い、ダイカットしたホワイトベルムをDSPとラベルの間に入れています。
たった一枚半透明のペーパーを挟むだけで、ハッキリした色のペーパーもふんわりと見えるから不思議ですよね。

ラベルの上につけた枝のパーツは、サハラサンドのペーパーをダイカットして、シマーペイントで塗っています。
下の枝パーツは、セット品のホイルをダイで抜いて半分にカット、そのまま使いました。

・・・とここまで書いて気がついた!エンベリ使うの忘れてるぢゃないの~(汗)
組み立てている時は、最後にバランスを見てって思ってたのに・・・。
急な用事で出かけなくちゃになり、急いで仕上げて写真を撮ってなんてしてたら忘れちゃったわ。
すでにモリモリなので、いいかな?とも思いますが、ラベルに1粒エンベリをつけてもかわいいと思います。

このカードは「Memories & More・カード&エンベロップ・スモール・ウィスパーホワイト」とピッタリサイズです。
これね↓
Memories & More・カード&エンベロップ・スモール・ウィスパーホワイトMemories & More・カード&エンベロップ・スモール・ウィスパーホワイト148040製品説明を見る

2つ折りにして使いたい場合は、作ったカードをこの台紙にボンド付けして使うと便利です。
封筒もセットになっているので、少しあらたまった時にも便利だと思います。
作ったカードを差し上げるシーンに合わせて、使ってみて下さいな。

メイキングポイント

メイキングポイントは、ボトル入りのインク「シマーペイント」の使い方かな?と思います。
このインクは、「スポンジドーバー」で塗るのがいちばんカンタンに使えます。
工程写真入りでご紹介しますね。

  1. 【準備】塗るパーツをダイカットする
    サハラサンドのペーパーをダイで抜いて、準備する
    1枚のカードにつき、大を1枚、小を1枚使います。
  2. インクをスポンジドーバーに取る
    シマーペイントの使い方1
    フタにスポンジドーバーを入れて、インクを取ります。
    ボトルから直接取ろうと思うと難しいので、フタについたところから取るのがオススメ♪
  3. インクをなじませる
    シマーペイントの使い方2
    フタから取るとインクが均一に付かないの。
    コピー用紙などいらない紙にトントンしてインクをなじませてくださいな。
  4. パーツに塗る
    シマーペイントの使い方3
    塗りたいパーツの上でスポンジドーバーをトントンして色を塗ります。
    はじめは軽い力で様子を見ながら濃くしていきます。
    ぺったりと均一に塗らなくてもOK!多少ムラの方がナチュラルでかわいいと思います。
  5. 塗り終わったところ
    シマーペイントの使い方4
    1枚につき、大小各1つ。カードを作る枚数分、塗り終わったら完成です。
    シマーペイントは乾くのに時間がかります。
    はじめに塗っておいて、他のパーツを作っている間に乾かすといいですよ。

その他は、ひたすらパーツを作って、組み立てます。
組み立てる時の注意は、ベルムは透けるのでボンドはラベルの下になる部分につけて下さいな。
リボンを止めた後、リボンの下にもボンドをつけておくとペラッとめくれにくいのでオススメです。
ベルムとリボンがボンドでつかない場合は、グルードッツを使います。

貼り付けは、ラベルとラベルにつけたお花がディメンショナル。
その他はボンド付けです。

ペーパーのカットサイズは「作り方」に書いておきますので、参考になさって下さいね。

使ったアイテム

※製品名をクリック→オンラインストアへリンク(気になるものがカンタンに探せます)

  1. キット
    Everything Is Rosy Mini CollectionEverything Is Rosy Mini Collection150059製品説明を見る から、スタンプ・ダイ・DSP・ホイルシート・リボン・シマーペイント
  2. ペーパー
    ・スタンプするペーパー
    A4カードストック・ベリーバニラA4カードストック・ベリーバニラ106550製品説明を見る
    ・カード台紙、葉っぱのパーツ
    A4カードストックパックパック・ニュートラルA4カードストックパックパック・ニュートラル146999製品説明を見る から、ソフトスウェード(薄い茶)とサハラサンド(薄いベージュ)
    単色パック
    A4カードストック・ソフトスウェードA4カードストック・ソフトスウェード119982製品説明を見る
    A4カードストック・サハラサンドA4カードストック・サハラサンド121695製品説明を見る
    ・半透明のペーパー
    A4カードストック・ホワイトベルムA4カードストック・ホワイトベルム106584製品説明を見る
  3. インク
    ・センチメント、お花の内側
    クラッシックstampin’ Pad・メロンマンボクラッシックstampin’ Pad・メロンマンボ147051製品説明を見る
    または
    クラッシックstampin’ Pad・ナイトオブネイビークラッシックstampin’ Pad・ナイトオブネイビー147110製品説明を見る
    ・お花
    クラッシックstampin’ Pad・パウダーピンククラッシックstampin’ Pad・パウダーピンク147147製品説明を見る
    または
    クラッシックStampin’ Pad・プールパーティークラッシックStampin’ Pad・プールパーティー147107製品説明を見る
    ・葉っぱ
    クラッシックStampin’ Pad・サハラサンドクラッシックStampin’ Pad・サハラサンド147117製品説明を見る
    ・お花中心の点々(ヒートエンボス用)
    VersaMark(バーサマーク)パッドVersaMark(バーサマーク)パッド102283製品説明を見る
  4. ヒートエンボス用
    ヒートツールヒートツール137101製品説明を見る
    Stampin’ Embossパウダー・コッパーStampin’ Embossパウダー・コッパー141636製品説明を見る
    ヒートエンボスのやり方はこちら
  5. ダイ&ダイカットマシン
    Framelitsダイ・レイヤリング・サークルFramelitsダイ・レイヤリング・サークル141705製品説明を見る※いちばん大きなナミナミ
    Framelitsダイ・ステッチド・レクタングルFramelitsダイ・ステッチド・レクタングル148551製品説明を見る※バランスを見てお好きな大きさで!
    このダイ↑には、スタンプがセットになって10%オフ、お得なバンドルがあります。
    バンドルは6/3で終了します。※この作品でスタンプは使いません
    アメージングライフ・バンドルアメージングライフ・バンドル150624製品説明を見る
    ・細かいカットがスグにできちゃう大物お道具
    もうすぐ販売終了ですが、わたくしはまだまだ使います
    Big Shot・ダイカットマシンBig Shot・ダイカットマシン143263製品説明を見る
    ぴったり位置合わせしたいときは、ずれないこちらが便利
    マグネット・プラットフォームマグネット・プラットフォーム130658製品説明を見る
    細かいダイが抜けにくいときは、こちらをお試し下さいな
    プレジションベースプレートプレジションベースプレート139684製品説明を見る
    細かいダイのペーパー屑を取るのに便利
    Big Shot™ダイブラシBig Shot™ダイブラシ140603製品説明を見る
  6. カラーリングツール
    スポンジドーバースポンジドーバー133773製品説明を見る
  7. その他
    ・トリマーがあるとペーパーのカットがラクチン(ハサミやカッターで代用可能)
    もうすぐ販売終了です。すでにお持ちの方はブレード(替え刃)のストックをお持ち下さいね。
    Stampinʼ トリマー(Cm表示)Stampinʼ トリマー(Cm表示)129722製品説明を見る
    ・リボンがボンドでつきにくい場合はこちらを
    Mini Glue DotsMini Glue Dots103683製品説明を見る
    ・カードを立体的に仕上げたい時に、厚みのある両面テープ
    大きなところは普通サイズ
    Stampin’ DimensionalsStampin’ Dimensionals104430製品説明を見る
    小さなところはミニサイズが便利
    Mini Stampin’ DimensionalsMini Stampin’ Dimensionals144108製品説明を見る
    ・紙用接着剤
    お手持ちのものでOK、お手持ちが無ければこちらをどうぞ
    マルチパーポス・リキッドグルーマルチパーポス・リキッドグルー110755製品説明を見る

作り方

  1. ペーパーをカットする
    ・ソフトスウェード:カード台紙
    4.25インチ × 3.25インチ(約10.8cm × 8.3cm)
    ・DSP:飾りのペーパー
    4インチ × 3インチ(約10.2cm × 7.6cm)
    ・ベリーバニラ:ラベル
    ダイで抜く

※カット後の作り方は、メイキングポイントを参考にどうぞ

たくさんのパーツを楽しみながら作って、じっくり組み立てるカードです。
キットに入っている材料を使って、アレンジもしてみてくださいな。

※本文内、Colorful life.のロゴが無い画像は、Stampin’ Up!の公式画像です。


インスタグラムはじめました。フォロー歓迎
こちら↓のバナーからどうぞ
Instagram - Colorful life.


どんな作品をつくろうか?と迷ってしまったら・・・
クラフトワークのページから、サンプル&使用製品をご覧下さいな。
クラフトワークのページはこちらから

製品についてのご質問があれば、お問合せフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。


現在ご購入いただける製品のカタログはこちらから↓
カタログ一覧ページ

今すぐお買い物をしたいあなたは
こちら↓のバナーから
スタンピン・アップ公認デモンストレーター Colorful life.
お買い物の仕方はこちらから
(入力するとお買い物プレゼントがもらえる 最新のコーディネーターコードもお買い物仕方から

お得なキャンペーン情報一覧はこちらから

お買い物プレゼントはこちらから

5月プレゼントは「キット祭り」です。
対象キットを含むお買い物で、エンベリを丸ごと1パックプレゼント♪
キット祭り(イメージ)
「キット祭り」についてはこちらから


まずは試しに使ってみたい!という方は、体験クラスへどうぞ♪
6月クラスは5/17(金)から募集を開始します。
体験クラスイメージ(2019年6月)
体験クラス一覧はこちらから


わたしもデモンストレーターになりたい!というあなたへ

こちらからお気軽にお問い合わせください。
ご希望の内容を確認し、ご案内のメールを差し上げます。
製品についてのお問い合わせもお気軽にどうぞ♪