【ダイカット】イースタンビューティのシンプルカード1(クール)

組み合わせを楽しむスタンプ、イースタンビューティ❤
カタログとは違う雰囲気で、エキゾチック感抑えめの「カンタンカードを作りたいな」というリクエストがあったので、シンプルなカードを作ってみました。

暑い日が続いているので、ひんやりクールな色使いで夏にも使いやすく♪
わりとカンタンにできるので、ぜひ作ってみて下さいね。

イースタンビューティのシンプルカード1(クール)

イースタンビューティのシンプルカード(クール)横

イースタンビューティのシンプルカード(クール)縦

少し空間が多いかな?と思うくらい余白を多く取ると、シンプル&涼しげな雰囲気が出てきます。

スタンプした部分は同じデザインやレイアウトでも
カード台紙に濃い色を使うと、キリッと引き締まった印象に、淡い色を使うと、優しい雰囲気になってきます。

贈るシーンやお相手に合わせて、選んで下さいね。

メイキングポイント

右上の「わっか」の部分は、スタンプ・オフ(捨て押し)というテクニックを使って、上に重ねるセンチメント(文字)が埋もれないようにしています。

スタンプ・オフは、インクをスタンプに付けた後、
コピー用紙などに1度スタンプ(捨て押し)をして、インクを付け直さずにもう一度押すことです。
インクをたくさん揃えなくても、インクの色が変えられるのでとっても便利なテクニック♪
もうちょっと詳しく知りたい方は、こちらをどうぞ

ディティールをアップにするとこんな感じ

イースタンビューティのシンプルカード(クール)ディティール

右下のモチーフは、外枠(紺色の部分)をスタンプした後に、ダイを2枚重ねて抜いています。
ダイで抜いてから内側の模様(水色の部分)を押した方が、ずれないので押しやすいですよ。
裏側は、ディメンショナルを貼って少し高さを出します。

中心のグレーの部分は、スタンプをしてからダイカット。
カットした後に、ラインストーンを1粒付けるだけで、クールな印象がアップします。
こちらの裏側にもディメンショナルを貼りますが、
通常サイズのディメンショナルだと大きすぎるので、小さくカットして使うか、miniサイズを使うようにします。

ダイカットマシンをお持ちでない方は、モチーフをハサミで切り抜いてもOKです。
切り込みを手で入れるのはタイヘンなので、省略しても十分かわいいと思いますよ。

使ったアイテム

  1. ペーパー
    A4カードストック・ベリーバニラA4カードストック・ベリーバニラ106550製品説明を見る
    A4カードストック・サトルA4カードストック・サトル131285製品説明を見る からプールパーティ(2番目に濃いブルー)
    ダッパーデニム(紺色)はこちらから
    A4カードストック・2016-2018 In ColorA4カードストック・2016-2018 In Color141434製品説明を見る
  2. インク
    「わっか」やチビお星さま、モチーフの飾りはこの色
    クラッシック Stampin’ Pad ・マリーナミストクラッシック Stampin’ Pad ・マリーナミスト137464製品説明を見る

    センチメント(文字)とモチーフの枠は、この色
    クラッシック Stampin’ Pad ・ダッパーデニムクラッシック Stampin’ Pad ・ダッパーデニム141394製品説明を見る
    モチーフの中心はこの色
    クラッシック Stampin’ Pad ・スモーキースレートクラッシック Stampin’ Pad ・スモーキースレート137482製品説明を見る

  3. スタンプセット
    スタンプとダイのセット「バンドル」は、単品でそれぞれ買うより、10%OFFでお得
    イースタン・ビューティー・バンドルイースタン・ビューティー・バンドル145308製品説明を見る
    スタンプイメージ
    イースタン・ビューティ・スタンプセット(イメージ)

    使うダイはこちらの3つ
    ピンクの○は2枚重ねて抜いています
    イースタン・メダリオン(シンプルカード用)ダイイメージ

    単品はこちら
    イースタン・ビューティー・スタンプセットイースタン・ビューティー・スタンプセット143675製品説明を見る
    Thinlitsダイ・イースタン・メダリオンThinlitsダイ・イースタン・メダリオン143725製品説明を見る

  4. ダイカットマシン
    Big Shot・ダイカットマシンBig Shot・ダイカットマシン143263製品説明を見る
    スタンプ済みのペーパーがずれずにカットできるマグネット入り
    位置合わせがシビアなカットも、楽々できます
    マグネット・プラットフォームマグネット・プラットフォーム130658製品説明を見る
  5. エンベリッシュメント(飾り)
    裏側に糊が付いているのでワンタッチで接着可能
    スタンピンアップのラインストーンは、100円ショップのものより透明度が高くてキレイ❤
    ベーシックジュエル・ラインストーンベーシックジュエル・ラインストーン144220製品説明を見る
  6. その他
    トリマーがあるとインチサイズのカットも楽々、作業がはかどります
    Stampinʼ トリマー(Cm表示)Stampinʼ トリマー(Cm表示)129722製品説明を見る
    ・ディメンショナル
    立体的な仕上がりに、厚みのある両面テープ 
    Stampin’ DimensionalsStampin’ Dimensionals137685製品説明を見る
    ミニサイズは、小さいところに便利
    Mini Stampin’ DimensionalsMini Stampin’ Dimensionals144108製品説明を見る
    ・紙用接着剤
    お手持ちが無ければこちらをどうぞ
    マルチパーポス・リキッドグルーマルチパーポス・リキッドグルー137882製品説明を見る

作り方

  1. ペーパーをカット
    ・ベース:プールパーティ(水色)または、ダッパーデニム(紺色)
     3.5インチ(約8.9cm)四方にカット
    ・スタンプするペーパー:ベリーバニラ(アイボリー)
     3.25インチ(約8.3cm)四方にカット
    ・ダイカットするペーパー
     ベリーバニラ(アイボリー)スタンプを押せる大きさの端紙を少し
  2. ダイカットする端紙にスタンプ
    大きな6弁の外枠をダッパーデニム
    小さめのお星様は、スモーキースレート
  3. ダイカット
    それぞれのパーツをダイで抜く
    マグネットプラットフォームが便利♪
    マグネットプラットフォームが無い場合は、ワシテープ(よくいうマステ)で軽く止めるとずれにくいです。
    ※その場合は、テープをはがす時に、スタンプした所が剥けないように注意!!
  4. モチーフの組み立て
    裏側にディメンショナルを貼り付け、2枚のモチーフを重ねる
    ラインストーンを貼る
  5. スタンプ
    3.5インチにカットしたペーパーにモチーフを仮置きし
    全体のバランスを見ながらスタンプを押す
  6. カードの組み立て
    台紙に[5]でスタンプしたペーパーをボンド付け
    モチーフをディメンショナルで貼り付け
  7. 完成♪

このカードで一番難しいのは、モチーフのダイカットかな?
わたくしの場合は、ダイカットマシンに2回通すのがメンドウなので(笑)2枚のダイを重ねて抜いてしまいます。
2枚のダイを重ねて抜くのが難しい場合は、まずは外側だけを抜いて、後から内側を抜いても大丈夫です。

マグネットプラットフォームは高価なので、どうしても購入をためらってしまいますよね。
その気持ち、すごぉ~くわかります。

でも・・・
せっかく上手にスタンプしても、ダイカットを失敗してしまったり
ずれないようにテープで留めたりするのは、とってもメンドウ!!
上手くカットができても、テープをはがす時にスタンプしたペーパーが剥けちゃうと、泣くに泣けない(まぢで!)

1度買ってしまえば、ずっ~と長く使えるし、とっても便利。
失敗してやり直す手間やペーパーのロスを考えると、スタンプを1つガマンしてでも(笑)
やっぱり、マグネットプラットフォームはあった方がいいなって思います。

※本文内、Colorful life.のロゴが無い画像は、Stampin’ Up!の公式画像です。


他の作品も見てみたいあなたは、
「クラフトワーク一覧」へどうぞ サンプル作品と使ったアイテムを合わせてご紹介しています。

製品についてのご質問があれば、お問合せフォームからお気軽にお問い合わせ下さい。


お買い物額1万円以上で、年間カタログをお送りします。
カタログプレゼントについて、詳しくはこちらから

その他のプレゼントはこちらから


お買い物はこちらの↓バナーからどうぞ
スタンピン・アップ公認デモンストレーター Colorful life.

スタンピンアップ ご注文の仕方はこちらから


※まずは使ってみたい!というあなたは、体験クラスへどうぞ
ハーブの「マロウブルー」をイメージしたギフトバッグのクラスを募集中です。
スタンピンアップ体験 お申し込みはこちらから

わたしもデモンストレーターになりたい!というあなたへ

デモンストレーター登録は、こちらからお気軽にお問い合わせください。
スケジュールを調整して、下北沢のレッスンルームでご説明をいたします。