【初めてのスタンプ】なにを揃えればいいの?

スタンプって、かわいいかも?
使ってみたいな・・・。と思った時、何から揃えれば良いのか迷っていませんか?
今日はそんなあなたのための「【初めてのスタンプ】なにを揃えればいいの?」をまとめておきますね。

スタンプとペーパーの他に、必要なお道具はこんなもの

スタートアップ お道具3点

はじめてさんのためのスタンプお道具

真ん中下から、時計回りに
1. クリアブロック
2. インク
3. Stampin’ Mist(スタンピン・ミスト=お掃除ミスト)

・・・初めてのお道具、まずはこの3つがあればいいですよ。

クリアブロックについて

お道具説明の前に、まずは、スタンピン・アップのスタンプの特徴をご紹介しておきますね。
スタンピン・アップのスタンプは、フォトポリマーという透明の樹脂で出来ています。
スタンプの位置合わせ・重ね押しを考慮して、
良くある「木の持ち手」がついておらず、クリアブロックというプラスチックに貼り付けて使います。
スタンプは、こんな感じ
スタンピンアップ・フォトポリマースタンプ

このクリアブロックは使う度に取り替え可能なので、たくさん買わなくてもOK。
使うスタンプに合ったサイズのものを1度買えば、ずっ~と使えるので、木の持ち手が付いたものよりも経済的です。
さらに!スタンプの収納に場所を取らないという利点があります。

逆に言うと・・・
「クリアブロックが無いと、スタンプが押せない」ので、忘れずに購入なさって下さいね。

スタンプに合うクリアブロックのサイズは、お買い物ページで確認出来ます。

クリアブロックサイズ1

お買い物をした後に、どのサイズを使えばいい?と迷ってしまった時は、ケースを確認して下さいな。
ケースの表面には、推奨ブロックサイズが表示されています。

クリアブロックサイズ1

初めての方向けに「クリアブロック・スターターバンドル」というセットが用意されています。
単品でそれぞれ購入するよりも15%お得な価格で、この3つがあればたいていのスタンプが押せます。
クリアブロック・スターターバンドルクリアブロック・スターターバンドル137870製品説明を見る

スタンプについて

クリアブロックの前に、どのスタンプがいいのか迷ってしまうという場合は・・・

やっぱり、好きなものを選ぶのがいちばん!ですが、
初めてさんでも使いやすいスタンプは「線画タイプのもの」だと思います。
ベタ面の多いものだと、慣れるまでは押すのにコツが要りますし、インクもたくさん買わなくちゃと思ってしまいがち・・・

線画タイプのものだと、押しやすい上に、インク1色でしばらく楽しめるのでおすすめです。
わたくしがスタンピンアップで、いちばんはじめに買ったのはこれでした。

フラワーショップ・スタンプセットフラワーショップ・スタンプセット137239製品説明を見る

黒インクで押してから色えんぴつで色を塗ったり、ベタ面が多いスタンプで押し方の練習をしたり、ひとつだけでも、すご~く楽しめます。
もちろん、色塗りをせずそのままでも十分かわいいです。
クリアブロックが、C1つだけでいいのも、ナイス(笑)
お揃いのパンチもあるので、かんたんに切り抜いて遊べますよ。
パンジーパンチパンジーパンチ137835製品説明を見る
おっと・・・
話がそれてしまったので、元に戻します。

ペーパーについて

スタンプが決まったら、次はスタンプするペーパーですね。
わたくしは、アイボリーのペーパーをよく使います。
これ↓
A4カードストック・ベリーバニラA4カードストック・ベリーバニラ106550製品説明を見る

真っ白の方が好きという方はこちら↓がおすすめ
A4カードストック・ウィスパーホワイトA4カードストック・ウィスパーホワイト106549製品説明を見る
どちらもたっぷり40枚入りなので、たくさんスタンプできま~す♪

インクについて

次はインクを選びましょう。はじめてさんにおすすめはこの3つ。

スタートアップ おすすめインク

はじめてさんにおすすめのインク3色
左から・・・
1. アーカイバルstampin’ Pad・ベーシックブラック
2. アーカイバルstampin’ Pad・ベーシックグレー
3. クラッシック Stampin’ Pad ・チョコレートチップ

わたくしのイチオシは、水に溶けない「アーカバイルタイプ」のインクです。
水に溶けないインクを使えば、いま流行の水彩色えんぴつで色塗りができるでしょ♪
水彩色えんぴつは、100円ショップなどでも購入できます。

水に溶けないタイプはこの2つ
ハッキリ仕上げたい場合は、ブラックを
もう少しソフトに仕上げたい時は、グレーがおすすめです。
お好きな方をお好みで選んで下さいね。

アーカイバルstampin’ Pad・ベーシックブラックアーカイバルstampin’ Pad・ベーシックブラック140931製品説明を見る
アーカイバルstampin’ Pad・ベーシックグレーアーカイバルstampin’ Pad・ベーシックグレー140932製品説明を見る

もっとナチュラル感が欲しいという場合は、こちらがおすすめ
クラッシック Stampin’ Pad ・チョコレートチップクラッシック Stampin’ Pad ・チョコレートチップ137444製品説明を見る

こっちは水に溶けるタイプのインクなので、水彩色えんぴつでの塗りは難しいかな?
色塗りするなら、油性の色えんぴつなどでふんわりと付けるがおすすめ♪
もちろん、押すだけでもアンティーク調に雰囲気よく仕上がります。

お掃除について

使ったスタンプにはインクが残るので、お掃除をします。
インクを付けたままにしておくと、次に使う時に困ってしまうだけで無く、スタンプの痛みが早くなります。
ですので、使い終わったらなるべく早くお掃除をしてくださいね。
お掃除には、Stampin’ Mist(スタンピン・ミスト)を使うのがかんたんです。

スタンプにミストをシュっとスプレーして、ダスター(汚れても良いフキンなど)で印面に残ったインクを拭き取ります。
ウエットティッシュを使いたい場合は、ノンアルコールのものを選びます。
ゴシゴシすると繊維がスタンプに付いてしまうので、ポンポンと叩くようにインクを落とします。

スタンプはクリアブロックからはずして、ケースへ
クリアブロックも、一拭きしておくと、次も気持ちよく使えます。

赤系のインクはスタンプに色が残りますが、それは心配しなくて大丈夫。
お掃除後に白いペーパーに押して、何も付かない状態なら、スタンプは痛まないので安心して下さいね。

最後に、お小遣いに少し余裕がある場合の「便利アイテム」もご紹介しておきます。

スタートアップ お道具4点

はじめてさんのためのスタンプお道具(3点)

グレーのマット(Stampin’ピアスマット)を追加して、4点のお道具です。
このグレーのマットをペーパーの下に引いてスタンプすると、硬い机の上でもキレイにスタンプ出来ますよ。
はんこやスタンプをキレイに押せたことが無い!というあなたは、これも加えてみてはいかがですか?
Stampin’ピアスマットStampin’ピアスマット137706製品説明を見る

お掃除を楽にしたいあなたには、こちらのStampin’ Scrub(スタンピンスクラブ)もおすすめ。
Stampin’ Scrub(スタンピンスクラブ)Stampin’ Scrub(スタンピンスクラブ)137656製品説明を見る
プラスチックのケースの中に、柔らかなブラシ調のマットが2面セットされています。
片面にミストを吹き付けてからスタンプをゴシゴシしてお掃除、
残りの乾いた面でもう一度ゴシゴシすればスタンプが乾くので、インクの色替えをしてもすぐに使えます。

その他

まだもう少し余裕がある!もうちょっと揃えたいな。という場合は・・・
アクリルブロックの数を少し、増やすのもいいですね。
大は小を兼ねることもあるのですが・・・
あまりに大きなブロックで小さなスタンプを押すと余分なインクが付いてしまい、キレイに仕上げるのが難しいのです。
わたくしの場合は、スターター・バンドル以外だと、a・gをよく使います。
クリアブロック aクリアブロック a137738製品説明を見る
クリアブロック gクリアブロック g137744製品説明を見る

好きなイメージが固まって来たら、お好きなインクを増やしていくのもいいですね。
インクの選び方は、この記事も参考にどうぞ

【ステップアップ方式】ジャー・オブ・チアーのタグとカードで色選びレッスン

カラー・コレクションのまとめは、こちらの記事もどうぞ

スタンプの楽しさは、好きなものを選ぶことから、もう始まっています。
どうぞゆっくり選んで、お気に入りを見つけて下さいな。
そして・・・お気に入りが届いたら、どんどん押してみて下さいね。

押しているうちに、作品のイメージがどんどん広がってきます。
それは、あなたがステップアップした証拠♪
ご自身のイメージにあったものを少しずつ買い足して、さらにステキな作品を仕上げて下さいね。

お買い物はこちらの↓バナーからどうぞ
スタンピン・アップ公認デモンストレーター Colorful life.

ご注文の仕方はこちらから

11月末までのプレゼントはこちら
—–
まずは使ってみたい!というあなたは、体験クラスへどうぞ♪クラフトはじめてさんも歓迎です。
【スタンピン・アップ 体験】はこちらから
※体験クラスでは、お買い物相談も承ります。